大阪の不妊治療・体外受精専門・なかむらレディースクリニック

大阪・江坂駅最寄りの不妊治療・体外受精専門クリニックです。

06-6378-7333

業者の方はこちら06-6378-7513

土日祝
診療

女性医師
在籍

MENU

いつから始める? 体外受精の始め時

こんにちは、培養室です。

なかむらレディースクリニックでは多くの患者さんの体外受精を行っています。
体外受精に進む時期は患者さんそれぞれですが、実際のところ他の患者さんがどのくらいの年齢で体外受精を始めたか気になる人も多いと思います。

今回は、なかむらレディースクリニックが開院した2015年4月から2017年12月までに初めて体外受精を受けた700人について平均年齢を調べてみました。

 

体外受精を始めた年齢は何歳?

700人の患者さんが初めて体外受精を受けた時の平均年齢は36.8歳でした。
下のグラフは、年齢分布を5つのグループに分けて割合を示したものです。

一番多くの割合を占めていたのは、36から40歳の間に体外受精を始めたグループです。続いて31から35歳、41から45歳のグループが続きます。

40歳までに体外受精をスタートした患者さんの割合は約8割でした。

30歳以下、31から35歳のグループで約4割を占めていたことは、昨今の不妊治療についての報道を反映し早い段階で体外受精をスタートする患者さんが増えたと考えています。

 

体外受精における妊娠・出産は、年齢が若いほど良好な結果が期待できるのは確かな事実です。
体外受精による妊娠を希望される場合は、早めにスタートするのが良いかもしれませんね。

この記事を書いた人

培養室

培養室

不妊治療・体外受精専門のなかむらレディースクリニックの医師や培養士が監修

なかむらレディースクリニックは、不妊でお悩みの方々に安心して不妊治療、体外受精をうけていただくためのクリニックです。朝8時から診察し、平日は木曜日を除いて夜7時まで受付をしています。日曜日、祝日も年末年始以外休まずに診察し、多忙な方でも相談していただきやすい不妊治療を目指しています。

SEARCH気になるワードで検索

SELECTカテゴリーで検索

#TAGで検索