大阪の不妊治療・体外受精専門・なかむらレディースクリニック

大阪・江坂駅最寄りの不妊治療・体外受精専門クリニックです。

06-6378-7333

業者の方はこちら06-6378-7513

土日祝
診療

女性医師
在籍

MENU

精液検査の所見が問題なければ大丈夫?(5/24 表を追加しました)

こんにちは、培養室です。

やけに雨が多いなアとは思っていましたが、2週間も早く梅雨入りしたのには驚きました。気温の上昇と、湿度が高い日が重なる時期には、意外と熱中症の危険性が高いのはご存知でしょうか。特にこのマスク生活で、熱がこもりやすく、水分コントロールに失敗しやすいのだそうです。面倒くさくても、特に喉が渇いていなくても、積極的に水分を摂ってくださいね。

 

当院で行なっている精液検査は一般的なもので、液量・総精子数(1mlあたり)・精子運動率・精子奇形率を、マクラーチャンバーを用いて測定しています。WHOの基準値や、当院での基準値に比較して、あなたの、あるいはあなたのパートナーの精液所見はどうです、という風にお伝えしています。

さて、タイトルの言葉はそんな時に稀に受ける質問です。

「僕には原因がなかったってことですよね!」と朗らかにおっしゃる方もおられまして回答には苦慮するのですが、「見た目上には問題なさそうです」という答え方をしています。基準値はあくまで基準値ですので、基準を満たしていなくても妊娠する方もおられますし、逆に基準値を満たしていてもなかなか妊娠に至らない方もおられます。

 

では、見た目以外に何が問題になるのかというと、例えば精子頭部のDNA断片化などが挙げられます。

Sperm DNA fragmentation: paternal effect on early post-implantation embryo development in ART 

Human Reproduction, Volume 21, Issue 11, Nov 2006, Pages 2876–2881, https://doi.org/10.1093/humrep/del251
 
 
今回紹介する論文はイタリアで行われ、精子DNAの断片化と胚移植後までのART成績との関係を追ったものです。
 
体外受精を受けた132組のカップルのICSI周期50症例、体外受精(cIVF)周期82症例を対象に行われました。女性の平均年齢は37.05±4.19歳、男性平均年齢は40.24±5.17歳でした。射精で得られた精液を密度勾配遠心法(比重の異なる分離液を積み重ねて遠心分離を行い、良好精子の回収を試みる方法 精子精製)で調整し、精子DNAの断片化の測定はTUNEL法を用いて行われました。
 

対象の臨床妊娠率、流産率は以下のようになりました。

  臨床的妊娠率(/治療周期あたり) 流産率
全症例 22.7% 10%
ICSI 24% 17.6%
体外受精(cIVF) 21.9% 4.3%

 

ICSI、体外受精(cIVF)群のそれぞれで、TUNEL陽性率10%でさらに組み分けを行なって検討されています。陽性率が高ければ高いほどDNAの断片化率が高い状態です。

体外受精(cIVF)群では臨床妊娠率、妊娠損失率(βhCG判定で陽性とされ、化学流産もしくは自然流産した症例の割合)に統計的に有意な差は見られませんでした。ただし、受精率の時点に立ち返るとDNA断片化率が高い群において、若干、受精率低下の傾向が見られました。

 

一方で、ICSI群では臨床妊娠率、妊娠損失率のいずれにも統計的に有意な差が見られました。

  臨床的妊娠率(/治療周期あたり) 妊娠損失率

TUNEL陽性 10%未満

(C群:n=20)

45% 0%

TUNEL陽性 10%以上

(D群:n=30)

10% 62.5%

精子DNAの断片化が着床後の予後にも関係する可能性が示唆されています。

ここまで明らかな違いがあるにも関わらず、こと受精率に関してはC-D群間に有意な差は見られませんでした。これは、精子DNAの断片化が受精の段階よりも、胚発育以降に強く影響しているためだと考えられます。

 

 

2021/5/24 追記:2個目の表が抜けていたので追加し、考察部分も少し増やしました。

 

この記事を書いた人

培養室

培養室

不妊治療・体外受精専門のなかむらレディースクリニックの医師や培養士が監修

なかむらレディースクリニックは、不妊でお悩みの方々に安心して不妊治療、体外受精をうけていただくためのクリニックです。朝8時から診察し、平日は木曜日を除いて夜7時まで受付をしています。日曜日、祝日も年末年始以外休まずに診察し、多忙な方でも相談していただきやすい不妊治療を目指しています。

SEARCH気になるワードで検索

SELECTカテゴリーで検索

#TAGで検索