大阪の不妊治療・体外受精専門・なかむらレディースクリニック

大阪・江坂駅最寄りの不妊治療・体外受精専門クリニックです。

06-6378-7333

業者の方はこちら06-6378-7513

土日祝
診療

女性医師
在籍

MENU

女性が産む子どもは何人?

こんにちは、培養室です。

朝と昼の温度差が激しい日々が続きますが、皆さん体調はいかがですか? 暖かくなっても手洗い、うがいをしっかりしましょう。

 

少子化問題が叫ばれる日本では、女性が一生に産む子供の人数は減り続けています。

2020年に厚生労働省の調査から発表された合計特殊出生率は1.36でした(※合計特殊出生率は、女性が出産可能とされる1549歳の間に産む子どもの数の平均です)

出生数も減少を続けていて2019年に生まれた子どもは最小の865,234人でした。

(厚生労働省HPより 引用元は記事の最下部に記載しました)

 

日本だけが極端に少なくなっているのか世界全体の平均と比べてみました。

次のグラフは世界の出生率です。

 (https://ourworldindata.org/fertility-rate より引用 元のサイトでは経年での変化がより見やすくなっています。興味のある方は一度ご覧になってください)

 

2019年では、世界中の女性が産む子どもの人数は2.45とのことでした。

世界でも女性が産む子どもの人数は減っているようですね。世界ではもっと多いと思っていたので少し意外でした。

世界の人口が増えるスピードもかなり緩やかになっているようです。視野を広げてみると分かることもあると参考になりました。

  

【参考文献】

https://www.un.org/development/desa/publications/graphic/wpp2017-global-fertility-rate

https://ourworldindata.org/fertility-rate

https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/nengai11/sankou01.html

https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/nengai19/dl/kekka.pdf

この記事を書いた人

培養室

培養室

不妊治療・体外受精専門のなかむらレディースクリニックの医師や培養士が監修

なかむらレディースクリニックは、不妊でお悩みの方々に安心して不妊治療、体外受精をうけていただくためのクリニックです。朝8時から診察し、平日は木曜日を除いて夜7時まで受付をしています。日曜日、祝日も年末年始以外休まずに診察し、多忙な方でも相談していただきやすい不妊治療を目指しています。

SEARCH気になるワードで検索

SELECTカテゴリーで検索

#TAGで検索