大阪の不妊治療・体外受精専門・なかむらレディースクリニック

大阪・江坂駅最寄りの不妊治療・体外受精専門クリニックです。

06-6378-7333

業者の方はこちら06-6378-7513

土日祝
診療

女性医師
在籍

MENU

アサガオ の花の色はなぜ変わる?

こんにちは、培養室です。

今回は培養にはほとんど関係ない話をします。

 

分けていただいた種から育ったアサガオが咲きました。

୨୧‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥୨୧

関連コラムは

⏩原坊のアサガオ観察①

⏩原坊のアサガオ観察②

⏩原坊のアサガオ観察③

୨୧‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥୨୧

 

アサガオの鉢は2Fエレベーターホールの小窓に置かれています。ちょうど培養室に行く途中にあるため、芽が出てから伸びる早さに驚いたり、咲きそうで咲かない花にヤキモキしたり、朝夕眺めては大きくなるのを楽しんでいました。

 

開花後、花が「青い」という人と「赤っぽい」という人とに分かれたため、よくよく観察してみたところ、どうやら花の咲き始めと咲き終わりに掛けて色がかなり変わるようでした。

写真にして並べてみるとはっきりわかりますね。昼にかけて赤味がかっていくグラデーションがとても綺麗でした。採卵当日に来られた方ならご覧になれるかもしれません。

アサガオ の花弁の色の変化

それにしても子供のころには確か、たぶん、いえきっとそれなりにきちんとアサガオの観察日記をつけていたはずですが、案外、記憶に残らないものですね。

 

さて、花の色が変わる植物といえば、アジサイが有名です。

アジサイの花の色が変わっていたので掘り起こしてみたらそこには……という話があるように、アジサイは土壌のpHによって花の色が変わります。

一方で、アサガオは土壌のpHにはそれほど影響を受けないそうです。

アサガオの花弁の色の源は液胞に含まれる色素です。咲いているときには中性、つぼみやしぼんだ時には酸性に液胞内のpHが偏ることで色素の発色が変化し、花の色が変わるのです。

 

この変化をもたらす色素はアントシアニンという成分です。

アントシアニンは強い抗酸化作用を持つ物質で、妊活レシピなどでもよく取り上げられますね。残念ながら(?)アサガオの花は食用ではありませんし、種は有毒です。

食用のものでは、ナス(の皮)や、ブルーベリー・プルーンなどに含まれています。ちょうど秋茄子の旬が10月頃までですので、積極的に摂取してみてはいかがでしょうか。

 

この記事を書いた人

培養室

培養室

不妊治療・体外受精専門のなかむらレディースクリニックの医師や培養士が監修

なかむらレディースクリニックは、不妊でお悩みの方々に安心して不妊治療、体外受精をうけていただくためのクリニックです。朝8時から診察し、平日は木曜日を除いて夜7時まで受付をしています。日曜日、祝日も年末年始以外休まずに診察し、多忙な方でも相談していただきやすい不妊治療を目指しています。

SEARCH気になるワードで検索

SELECTカテゴリーで検索

#TAGで検索