大阪で不妊治療のことなら卵子凍結・体外受精専門医院 Towako Franchise Osaka なかむらレディースクリニック

〒564-0051 大阪府吹田市豊津町13-45 第三暁ビル

TEL.06-6378-7333

業者の方

TEL.06-6378-7513
月・火・水・木・金・土・日・祝:午前  8:00~11:00/
月・火・水・金:午後 16:00~19:00/
休診:木・土・日・祝の午後、年末年始

当院についてCLINIC

クリニックコラム

2018.09.15
受精卵を3次元で観察??

こんにちは、培養室です。

 

当院でタイムラプスインキュベータでの胚の観察が始まってから9ヶ月が経とうとしています。

 

過去に何度かご紹介したように、インキュベータから取り出して人の手(目)で行う従来の観察方法とは異なり、胚の分割過程が詳細に記録されているのでタイムラプスインキュベータはより多くの知見が得られます。将来はいろんなもののように立体になるのかと思っていたらこんな記事を見つけました。

 

受精卵を3Dで可視化、不妊治療に活用へ

ニュースイッチより(https://newswitch.jp/p/13919 )

 

現在タイムラプスインキュベータでは胚を立体的に表現することはできません。

しかし、新しいイメージングシステムを用いることでマウス胚の3次元構造を観察することに成功してそうです。その後、マウス受精卵の安全も確認され、着床率と出産率の低下は認められなかったとのことです。

3次元での胚の観察は2次元では捉えることのできなかった胚の様子を私達に教えてくれるになるかもしれません。将来は受精卵を3Dで観察することが当たり前な時代になるかもしれませんね!!