大阪で不妊治療のことなら体外受精・卵子凍結専門医院 Towako Franchise Osaka なかむらレディースクリニック

〒564-0051 大阪府吹田市豊津町13-45 第三暁ビル

TEL.06-6378-7333

業者の方

TEL.06-6378-7513
月・火・水・木・金・土・日・祝:午前  8:00~11:00/
月・火・水・金:午後 16:00~19:00/
休診:木・土・日・祝の午後、年末年始

当院についてCLINIC

クリニックコラム

2019.08.03
胚の分割とテトラポット

こんにちは、培養室です。

梅雨が明け暑い夏がやって来ました。

 

今日は最近読んだ論文を紹介したいと思います。

この論文では、当院でも胚の観察に用いているタイムラプスインキュベータで胚の発育過程を観察し、4細胞期の形態がその後の発育に与える影響を調べています。まず、1つ目の形態はテトラポットのように3つの割球の上に1つの割球がある状態(下図のa)2つ目はテトラポットのようではないが割球が上下になっている(下図のb)。3つ目は平面上に4つの割球が並んでいる状態です(下図のc)

 

4細胞期での割球の見え方

 

以上のことから①胚盤胞への到達率、②拡張胚盤胞への到達率、③どのような胚盤胞であったかを集計していました。

結果は、テトラポットのように割球が配置された胚が胚盤胞の到達率、拡張胚盤胞の到達率で他の2つの胚の状態よりも良好であったと示されました。