大阪・江坂駅最寄り不妊治療・体外受精の専門クリニックです。

06-6378-7333

業者の方はこちら06-6378-7513

土日祝
診療

女性医師
在籍

MENU

透明帯の役割①

こんにちは、培養室です。

今回は透明帯の役割についてのコラムです。

 

前回の動画で透明帯を「Zona」と書きましたが、正確には「zona pellucida」と言います。

୨୧‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥୨୧

前回コラム

⏩Zona Free(透明帯なし)卵子は培養できる?

୨୧‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥‥∵‥୨୧

卵子の細胞質を包む糖タンパク質でできた膜のことです。下図の矢印(↔︎)で示された、帯状の円形部分が透明帯です。通常、ヒトの透明帯の厚みはおおよそ15〜25μmと言われています。

ヒト透明帯はZP1~4の4種類の糖タンパク質が結合して形成されています。ZP2~4が帯状に繋がり、ZP1がZP2同士を接合することで層状になっています。

余談ですが、ヒトに限らず哺乳類の透明帯は一般的に3~4種類の透明帯で形成されることがわかっています。マウスではZP1~3、ウシ・ブタ・イヌではZP2~4のそれぞれ3種類の糖タンパク質で透明帯が形成されているそうです。

 

「μ」は「1/106(※10の6乗)」を表す単位で、1μm=0.001mmです。具体例を挙げると日本人の毛髪の直径が80~100μm(=0.08~0.1mm)程度だそうで、透明帯はその1/4ぐらい、ということになります。顕微鏡がなければ確認することさえ難しい世界です。

 

前回コラムの動画で、透明帯がなくても胚盤胞まで育つことを実際にご覧いただけます。

 

また、凍結融解胚移植を中心に移植の際にはレーザーで切開されたり、なんだか邪険にされている透明帯ですが、本来は次のような役割を持っています。

・卵巣内における卵子細胞質の保護・発育促進

・受精の促進/多精子受精の防御

・受精卵の保護

 

どれひとつ欠けても自然妊娠は難しい重要な役割です。

長くなりそうなので、具体的な話は次回にしようと思います。

この記事を書いた人

培養室

培養室

不妊治療・体外受精専門のなかむらレディースクリニックの医師や培養士が監修

なかむらレディースクリニックは、不妊でお悩みの方々に安心して不妊治療、体外受精をうけていただくためのクリニックです。朝8時から診察し、平日は木曜日を除いて夜7時まで受付をしています。日曜日、祝日も年末年始以外休まずに診察し、多忙な方でも相談していただきやすい不妊治療を目指しています。

SEARCH気になるワードで検索

SELECTカテゴリーで検索

#TAGで検索