大阪で不妊治療のことなら卵子凍結・体外受精専門医院 Towako Franchise Osaka なかむらレディースクリニック

〒564-0051 大阪府吹田市豊津町13-45 第三暁ビル

TEL.06-6378-7333

業者の方

TEL.06-6378-7513
月・火・水・木・金・土・日・祝:午前  8:00~11:00/
月・火・水・金:午後 16:00~19:00/
休診:木・土・日・祝の午後、年末年始

当院についてCLINIC

クリニックコラム

2018.12.08
ゲノム編集で双子の女児誕生??

こんにちは、培養室です。

先日のコラムで『未来の技術?受精卵のゲノム編集研究が来春解禁へ』を掲載しました。その数日後、中国の研究者がHIV陽性の父親とHIV陰性の母親から得られた受精卵がHIVウイルスに感染しにくくなるようにゲノム編集技術を用いて遺伝子を改変し、双子の女児が誕生したことを発表しました。

 

今回、用いられたゲノム編集技術のCRISPR-Cas9は原理的にどのDNA配列もハサミのように切断、さらには置き換えや修正を行うことができます。

 

遺伝病の遺伝阻止などに役立つとされていて世界中で研究が進められています。

ただし、世界的にも受精卵を用いて編集技術を研究することは認められていますが、実際に移植することは倫理面から禁止されています。将来、このようなゲノム編集技術により大きな変化が訪れるかもしれません。そういう技術だからこそ、より慎重に向き合っていく必要があります。

生命の根本に関わる技術の研究と使用には高い倫理観が求められます。

今後も研究の動向を注目して行きたいと思います。